副収入に最適な収益物件の活用法&マンション管理会社について

女の人

太陽を利用した不動産投資

住宅

土地が付いてくる

全国に普及している太陽光発電は、一般家庭の屋根にソーラーパネルを付けたものです。土地付き太陽光発電は、その名の通り土地とセットになっている太陽光発電です。太陽光発電を設置しようと思っても、設置する場所を探すのがたいへんです。多くの電力を得るためには、広い土地が必要になります。はじめから土地が付いていれば、すぐにスタートできるでしょう。2012年から国が電気の「固定価格買取制度」を行っていますから、申請が済んでいるものであれば太陽光発電を設置することで、電力会社に発電した電気を買い取ってもらえます。広い土地付き太陽光発電であれば、より多くの発電をすることができるでしょう。土地付き太陽光発電は、不動産投資のひとつとなっています。

分譲型と賃貸型

土地付き太陽光発電には、「分譲型」と「賃貸型」があります。分譲型の方は、土地をそのまま買い取ります。賃貸型では、借地権付きの土地を借りて太陽光発電を行います。かかる費用に、太陽光発電が生み出す電気を電力会社に買い取ってもらったものをあてることができます。固定価格買取制度によって電気の買取金額は決まっていますし、買取期間も20年間と定められていますから、その期間の間は収入が見込めます。分譲型が良いか賃貸型が良いかは、その土地の利用価値によるでしょう。分譲型は土地を買取るのに大金が必要になりますが、賃貸型は土地の賃料はかかりますが、初期費用などは安くすみます。なお、分譲型には固定資産税が必要になります。